【画像】スクール水着といえば「パイピング水着」

「パイピング」とは

洋裁で使う用語ですが、布の端を始末するときにバイアステープというものを使うことでなだらかな曲線を出すことができ、伸縮性のある動きやすい衣服を作るのに有効です。
まさに水着を仕立てるのに向いている手法と言えます。
普通のスクール水着との違いは「肩ひも」です。


arena社のスクール水着「ARN-75W」は別格

パイピングスクール水着の中でもarena社のARN-75(現在は廃番)は傑作です。
どのパイピング水着も似たように見えますが、arenaのそれは薄く光沢のある生地、ヒップ部の立体成型、胸当ての位置、肩紐の幅、ローレグの加減といい、芸術品と言っても過言ではありません。

現在でもヤフオクで高値で取引されています。

薄く伸縮性のある生地は、濡れたときの光の反射によりパッドを入れていないと乳頭の位置が容易にわかります。
生地が薄いと、胸パッドの形までくっきり浮き出てしまいます。
肩紐の交わる位置にあるarenaのロゴ、arenaを知らなくても学生時代に女子が着ていた水着のロゴで覚えている人は多いのではないでしょうか。
それにしても小学生というのは無邪気なものです。
乳房は膨らみ陰毛も生え始めているというのに、このような恰好ができるのですから。

スクール水着については、こちらのサイトがより詳しいと思います。


おすすめ作品

パイピング水着の作品を集めました。リンク切れのときはごめんなさい。


ご覧いただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
↓人気のロリ系サイト一覧にリンクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です