高学年の「ぴっちり体操服」に注目

個人差はありますが、小学3年生(10歳)になると少女は初潮を迎え乳房がふくらみはじめます。
高学年、とくに中学進学を控えた6年生(12歳)では乳房だけでなく腰回りも丸みを帯びて女性らしい体つきになっていきます。

そこで問題になるのが「体操服」です。

「体の成長に合わせて体操服を着せたいけれど、もうすぐ卒業なので体操服を買うのはもったいない。」

体操服とはいえ、安いものではありません。
貧困家庭が問題になる中、少女に新しい体操服を買い与える余裕のない家庭はたくさんあるのです。
そんな家庭の少女達は、小さ目の体操服を着ざるをえません。

小さ目の体操服は、成長した乳房やヒップに引っ張られてしまい「ぴっちり体操服」という恥ずかしい姿になってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です