【画像】制服少女のパンチラ

暖かい季節になりましたがコロナの休校措置もあり、すっかり街で制服少女を見かけることがなくなりました。
早くコロナが終息して、制服少女に癒されたいものです。

ところで、制服少女のパンチラを拝むことができるようなスポットはどこだと思いますか?
スカートの中にカメラを差し込んだり、靴カメラを使ったりしなくても容易にパンチラを狙えるスポットがあるのです。

【シチュエーション】
制服少女が集まりやすいシチュエーションとは。
修学旅行、文科系部活の大会、コンクール、発表会が挙げられます。
ではその情報をどう知るか。
市民ホールなど会場となる場所のホームページを見ると、
「〇月〇日 合唱コンクール 〇〇県大会」などと書いてあったりします。
それと学校のホームページ、特に部活に熱心な学校になると大会の予定をスケジュールに公開していたりします。

ポイントは「より多くの制服少女が集まる」こと。
例えば「〇〇中学校 定期演奏会」を目当てに出かけたとします。
ところが、周りは〇〇中学校の生徒だけでなくその家族ばかり。
カメラなど持ち歩いていたら「どちら様ですか?」となりかねません。
つまり、アウェーの環境では不審者と思われる確率が高くなってしまうのです。

対して「〇〇地区 中学校〇〇コンクール」のように、多くの地域から生徒が集まるシチュエーションでは、生徒自身もアウェーであるため不審者にまで注意が行き届かないのです。

【機材】
パンチラが狙える場所は、制服少女の正面だと思われがちですがそれは危険です。
ポイントは「アウトレンジ戦法」、相手が視認できる範囲よりも遠くから狙うのです。
つまり、望遠レンズを装備したカメラ。
SONYの「DSC-RX10M4」や、Nikonの「COOLPIX P1000」がよいでしょう。

間違ってもレンズ交換式の一眼レフはいけません。
「大きいものは見つかりやすい」ことを忘れてはいけません。
コンパクトで携帯性がよく、高倍率ズームであることが求められます。
あと、ビデオカメラもダメです。
それは静止画の画質が悪いからです。
4K高画質で録画しつつ、数千万画素の高画質で写真を撮るためには、ビデオカメラは不適なのです。



ご覧いただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
↓人気のロリ系サイト一覧にリンクします。