【画像】女子小中学生のパンツ

やっぱりパンツ(ショーツ)といえば、小中学生ですね。

一般的に小中学生のパンツは木綿です。シルクのパンツを穿くのは高校生あたりから。
色は無地の白を想像がちですが、それは昔の話。今は色付きや柄物、プリント入りが多いようです。

発育途上の秘部をたった一枚の薄い布で覆っているわけですが、女の子は気分や
シチュエーションに合わせてお気に入りのパンツを履いてお出かけします。

せっかくお気に入りの可愛らしいパンツなのに、誰の目に触れることもありません。
スカートの中を覗き見るということは、少女が誰にも見られたくない秘密の世界を覗き見るということです。

見かたを変えると、スカートの中とは世界中で少女自身と覗いた者の二人しか知りえない。
まさに秘密の花園と言えるのではないでしょうか。


世の中には「見せパン」というものがあります。
いわばブルマのようなもので、パンツの上に履いて他人に見られてよいと
(女性はそう思っている)パンツのことを言います。「オーバーパンツ」
「スクールショーツ」とも呼ばれます。
女子に言わせれば、「見られても恥ずかしくない」というパンツです。

私に言わせれば、それはとってもおめでたい考えです。

生のパンツに越したことはありませんが、見せパンとともに露になった細くて美しい太もも少女の恥ずかしい姿は十分に見る価値があるのです。



ご覧いただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
↓人気のロリ系サイト一覧にリンクします。