【悲報】混浴可能年齢11→6才に引き下げ

  • 栃木県での話
  • 銭湯など公衆浴場での「混浴」年齢はこれまで「11歳まで」
  • きっかけは厚労省の指針「おおむね10才以上」を「おおむね7歳以上」に変更
  • アンケートで「混浴を恥ずかしいと思う年齢」で6・7才が半数を占めた
  • 東京都、八王子市も「9才」から「6才」に引き下げ

親が決めるべき

このようなことは行政が口を出すべきではなく、親が決めればよいことです。

小さな娘を連れたシングルファザーが11歳の娘を一人で女湯に行かせるのか、一緒に男湯に連れて入るのかといった場面が想定されるかと思います。

娘が父と男湯に入りたいと言った場合も含め、親が判断するべきことです。


ご覧いただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
↓人気のロリ系サイト一覧にリンクします。