【神奈川】女子中学生に体液をかける

伊勢原市立小の教頭逮捕 電車内で中学生に体液かけた疑い

2020/11/09 16:50毎日新聞

 電車内で女子中学生の手首に体液をかけたとして、神奈川県警多摩署は9日、伊勢原市立桜台小学校教頭のT容疑者(59)=伊勢原市小稲葉=を暴行容疑で逮捕した。同署によると、T容疑者は「体液が出たのは間違いないが、短パンだったのでかかってしまったかもしれない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は9月16日午後5時ごろ、小田急線下北沢―登戸間を走行中の下り電車内で、ドア付近に立っていた川崎市麻生区の中学1年の女子生徒(12)に後ろから近づき、生徒の右手首に体液をかけたとしている。

 同署によると、生徒とT容疑者は登戸駅で降り、T容疑者はそのまま立ち去ったという。

泣いている生徒から話を聞いた駅員が110番通報。駅などの防犯カメラから武井容疑者が浮上した。【池田直】

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20201109k0000m040129000c.html



体液であることの意味

このニュースをご覧になった方の大部分は「気持ち悪い」と感じたと思います。
しかし、体液は男性にとって分身であり欲望の象徴でもあります。

それを汚れを知らない制服姿の女子中学生に浴びせる、しかも制服やスカートではなく直接肌にかける行為は何とも言えない快感かもしれません。

体液をかけられた少女が見せる困惑と恐怖、不快に満ちた表情もそそります。

犯罪行為ですので、あくまでも妄想です。


ご覧いただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
↓人気のロリ系サイト一覧にリンクします。