【全国】「JKビジネス」女子高生の半数が客と性行為

警視庁は、女子高生による接客などを売りにする「JKビジネス」で勤務経験がある少女たちへのアンケート結果を公表した。家庭や学校に不満がない「普通の女の子」たちの多くが、金銭目的でJKビジネスに関わっていた実態が明らかになった。

 少年育成課は、昨年6~7月に児童福祉法違反などで摘発した都内のJKビジネス2店舗に勤務した15~17歳の少女42人に聞き取り調査を行った。いずれも警視庁が補導し、現役高校生が7割に上った。

 42人のうち、約半数が勤務を通じて、客との性行為の経験が「ある」と回答。見知らぬ客と性行為をすることについて「場合によってはやむを得ない」と回答した人は28%にのぼり、抵抗感の希薄さが浮き彫りになった。

 家庭での生活に満足していると答えた人は全体の66%を占め、学校生活に満足している、とした人も全体の33%いた。


私は、JKビジネスのどこがいいんだと常々思っていました。
なぜなら、ろくに触れることもできず中途半端な接客にお金を払う意味がわかりませんでした。
しかし、その疑問はこのニュースではっきりとわかりました。結局、ヤッてたんですね。
現役女子高校生と性行為ができるのであれば、それは行くでしょう。
しかもヤリマンJKではなく、「普通の女子高校生」ですから。
SNSでの買春が主流となりつつある今、手っ取り早く女子高生と交渉するのにJKリフレなどの場はとても効率がよいということかもしれません。
SNSだと、女子高生が補導されたときに通信記録から捕まるリスクがあります。
しかし、JKリフレで直接女子高生と交渉すればそういう恐れもありません。
それに、SNSだと女子高生を装った悪質な詐欺に引っかかる恐れもありますが、それもありません。
女子中学生と違い、女子高生の体は性行為により適しています。
形が良く張りのある乳房、無駄な脂肪のない太ももやお尻。
正常位で女子高生の性器を激しくピストンしながら、吐息が漏れる女子高生のやわらかい唇を吸う。
女子高生だから味わえる至福の時間に憧れますね。



ご覧いただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
↓人気のロリ系サイト一覧にリンクします。